Team Member

メンバー紹介03

Member Interview 03 「ゲームづくりを通して、デザイナーとして大切にしたいこと」

Q1.前職ではどんな仕事をしていましたか?

ソーシャルゲームアプリを制作する会社で、ゲーム運用のデザイナー業務を担当していました。主にバナー作成やアイテム作成、プロモーション用画像の作成等をしながら、ゲーム内の演出にも一部携わっていました。

Q2.アカツキに入社を決めた理由を教えてください

前職でつながりがあった方に声をかけていただき、また一緒に働きたいと思ったのが転職のきっかけです。アカツキは若手で活躍している人が多く、年齢や勤続年数を問わず、業務を任せてもらえる領域が幅広いと感じました。アカツキにジョインすることで、新しいことに挑戦し成長できると考え、入社を決意しました。また、面接してくれた方々が楽しそうに働いていて、一緒に働きたいと感じたのも入社理由の1つです。

Q3.現在のアカツキでの業務を教えてください

新規ゲームの開発に携わっており、主にUI制作を担当しています。具体的には、ゲーム画面の作成や、それに付随するパーツの作成などをしています。また、協業会社様とのやりとりについても、一部担当しています。

Q4.アカツキに入ってうれしかったこと、辛かったことは何でしょうか?

試行錯誤して制作したものに対して、ユーザーの皆さまから喜びの声をいただいたのが一番うれしかったです。ゲームづくりは、遊んでくれるユーザー様がいて成り立っているものですが、「どうやったら喜んでくれるだろうか?驚かせられるだろうか?」と日々考えながら仕事に取り組んでいるので、その想いが届いた瞬間は、創り手として、非常に大きな喜びを感じます。チームとして働く上で感じている喜びは、自分が辛い時や壁にぶつかった時、フォローしてくれる仲間が周りにいることです。たとえば、気軽にご飯に誘って話を聞いてくれたり、自分の苦手な分野に対し、得意なメンバーがフォローしてくれて、問題が解決したことも。職種問わず、本気で問題解決やものづくりに向き合うメンバーと一緒に働けることに、喜びや大きなやりがいを感じています。
辛かったのは、あるゲームのデザインリーダーとしてチームをまとめていく役割を任せてもらった時期。私がリーダーとしてチームにジョインした時は、全員初めて一緒に仕事をするメンバーだったので、初めから関係値を構築しなければならない中での葛藤がありました。解決しなければならない課題の多さや、周りからの期待に押しつぶされそうな時期もありましたが、困っている時にフォローしてくれる仲間の存在や、チーム内外問わず心配してくれるメンバーの支えもあり、乗り越えることができました。

Q5.アカツキのデザイナーに求められる資質は何だと思いますか?

3つあります。①本質を見極める力、②周りを巻き込みながら物事を推進するリーダーシップ、そして③遊び心だと思っています。表面的なことに流されずに本質を見極め、かつ遊び心は忘れずに、周りを巻き込んで成果を出していける人は、とても強いと思います。

UI/UXデザイナー 山田沙知枝

2012年、デザイン制作会社に入社。販促ツールの制作に携わる。その後、ソーシャルアプリケーション開発・運営会社へ転職し、ゲームの運営に携わる。2015年、アカツキに入社。現在、モバイルゲームにおけるUIデザインリーダーを務め、チームマネジメント、進行管理、クオリティ管理に携わっている。

他のメンバーの記事を読む

中途採用

   

社内環境について

TOP