Team Member

メンバー紹介02

Member Interview 02 「デザイナーとして。ひとりの人間として。」

Q1.現在のアカツキでの業務を教えてください。

新規事業開発チームのデザイナーとして、サービスのUIデザインを担当しています。現在新サービスの企画フェーズのため、サービス素案からイメージをデザインに落としてプロトタイプを制作したり、企画ディスカッションのたたき台としてデザインを用意したりしています。制作フェーズに入った後はサービス全体のデザインをしていく予定です。
いちデザイナーではありますが、企画検討に深く携わることができ、「アカツキらしいワクワクを提供できる新サービスとは何か」をチーム一丸で議論できる環境です。デザイン以外でもとても勉強になり刺激的。同じチームのデザイナー間ではUIについて分析・話し合いをして日々知識の共有を行っています。

Q2.なぜアカツキに転職したのですか?

面接を通して入社前に感じたのは、若くても一つひとつの物事に対して深く考えている優秀な方が多いということ。そんな方々と働けたら幸せなのではないかと思いました。また「考えること」と「クリエイティブ」を並行して仕事を進めるスタイルについても、とても勉強になりそうだと感じました。自分が制作したクリエイティブでPDCAサイクルをぐるぐる回して効果検証を行い、改善を重ね、より良いものを作っていく。業務を通して学ぶことがたくさんあり、自己成長につながるのではという点から、アカツキ入社を決意しました。それから、会社の中は土足禁止で、社内の見た目もユニークですてきだと思ったことにも後押しされたかもしれません(笑)

Q3.アカツキのいいところはどんなところですか?

会社や自己成長のための努力を怠らない人に囲まれているところです。とことん勉強するし、多くの方からフィードバックを受けて、更にとことん考えてアクションにつなげる、情熱的な人が多いと思います。私も自分自身の成長のために、アカツキのライブラリーにある書籍をしょっちゅう読み漁っています。忙しい中でも相手への思いやりが深く、常にコミュニケーションを大切にして感謝の言葉を忘れない。メンバーのお誕生日を祝ったりなど・・・とても温かい環境だなと思っています。また、自分次第で多くのことに挑戦できる環境があるのも魅力です。会社や自分にとってプラスになることはどんどんやっていける環境は、なかなか無いと思います。

Q4.一番成長を実感したのはどんな時ですか?

考え方が深くなったと感じた時です。「どうしたらより良くなるか」をベースに思考を巡らせ、それに伴って必要なアクションは何か、問題の本質は何かを意識しながら、物事を考えられるようになってきました。当たり前のことなのかもしれませんが、この部分が一番変わってきている気がします。メンバーと議論をしている時や、一人で悶々と考えている時に思考方法の変化を感じています。まだまだ道半ばではありますが…。これからもがんばっていきたいです。また、「何かできるのではないか」とプラスに思えるようになってきたことはもとても良いことだと思っています。プラスに信じることで生まれる奇跡や原動力の大切さを感じ始めています。

Q5.今後どんなことにチャレンジしたいですか?

今は、開発中のUIのデザインを最後まで成し遂げ、ユーザー様の反応を知りたいです。新規開発の企画検討から開発フェーズを経てローンチ、その後のPDCAサイクルを回して、自分なりのUIの考え方やアカツキ流のUI/UXをしっかりと持てるように。そして抽象的ではありますが、技術×デザインを通して人々の心を動かすクリエイティブを作れるようになりたいです。

UIデザイナー 岡崎友香

大学卒業後、旅行会社へ入社。旅行会社での印刷物ディレクションを通して、デザインに興味を持ち、デザイナーに転身。デザイナーとして、ひとりの人間として会社とともに成長していきたいと思い、2014年9月からアカツキに参画。現在は新規事業チームでUIデザインを担当。

他のメンバーの記事を読む

中途採用

   

社内環境について

TOP