株式会社アカツキ福岡 検証/カスタマーサポート

KOISHI
2017年入社

現在のアカツキ福岡での業務を教えてください。

現在は、担当のプロダクトで検証業務を行なっています。福岡のメンバーだけでなく東京メンバーともやりとりを行いながら、品質の向上にむけて日々業務を行なっています。東京・福岡の2拠点での業務実施は、情報の共有方法やミーティングにおける議論の進行方法など、どうしたらお互いが円滑に仕事を進められるか、日々試行錯誤しながら業務にあたっています。また、アカツキ福岡では業界未経験者が多く、アカツキ福岡全体の技術向上(ゲームの理解、SQL、検証業務の効率化など)のため、勉強会などの取組みをはじめ、メンバーが切磋琢磨しながら技術を日々磨いています。

なぜアカツキに入社したのですか?

「一生は一度、今思っていることや考えを、今行動しなくていつやるんだ」を思い、入社を決めました。前職では東京で機械整備をしておりました。諸事情で地元の福岡に戻ることになり、落ち着いて自分の人生についてもう一度考えながら転職活動をおこなっていました。その中で、自分の「存在意義」とは何かを悩みました。アカツキの面接の中で、面接官から自分の人生で経験したことに対して何個も質問をうけ、改めて自分について見直したことを覚えています。新たな自分の人生をスタートさせたいと思ったときに、面接のときに初対面だった自分の人生観に、こんなに面と向かって話してくれるんだと感じ、そんな人がいる会社で働いてみたいと感じました。

開発現場はどんな風土、雰囲気ですか?

福岡オフィスでは、やりたいことはすすんでやってみるという風土があります。「オフィスで良い意味でもっと会話が飛び交うような空気にしたい!」→「どうすればそんな空気を作れるだろう」→「無音ではないほうが良いと聞いたことがあるから、BGMを流してみるのはどうか?」→「やってみよう!」という感じで、もっとこうなれば良いなと思うことを皆で共有し、達成するにはどうしたらいいかを考え行動しています。また、アカツキが大切にしている理念と福岡のメンバーで創っていく「アカツキらしさ」をメンバー一人一人の思いと向き合い、形にしていきます。様々な経歴をしてきたメンバーが集まり、それぞれの想いを尊重し、組織や事業を創っています。

一緒に働く方へのメッセージ

僕がこの会社で出会った、たくさんの言葉の中で大事にしているものがあります。「力愛不二」【力の無い愛は無力であり、愛無き力は暴力である】愛と力はどっちも追わないとちゃんと相手に伝わらない、片方だけではただのおしつけになる。これは、簡単にいうと「難しい」で終わっちゃうことかもしれませんが、愛も力も両方とも最大限に、どちらも追いながら、チームメンバー・これから出会うメンバーと仕事をしていきたいと思います。

将来の夢、またはアカツキで成し遂げたいことは何ですか?

僕の所属するチームのミッションに「お客様満足度の最大化」というものがあります。前職でもお客様に対してどうお伝えしたら納得していただけるか、どう接したら次も自分を選んでもらえるかを考える日々でした。誰かに思いを伝える時、ちょっとした気遣いや行動だけで伝わり方が違う結果になる経験を多くしてきました。アカツキに入社してこのミッションを実現していく中で、お客様が「楽しい!」「このあとどうなるんだ!」など、ワクワクしながらアカツキのゲームを楽しんでくれる、そしてその結果満足度が向上することを目指して業務にあたりたいと思っています!

Top