株式会社アカツキ福岡 検証/カスタマーサポート

YAMASAKI
2017年入社

現在のアカツキ福岡での業務を教えてください。

現在は、検証チームのリーダーとしてチームメンバーの技術サポートやマインド育成を行いつつ、既にリリースされているタイトルにおいて、追加する施策内容の検証など、品質保証業務を担当しています。検証においては、作られた仕様どおりの情報が設定されている、期待通りに動作しているかの確認を始め、自身が「ユーザーとしてどう感じるか」をチームメンバーと意見交換をしています。「よりユーザーに楽しんでもらえるように」を考え、ライバルや敵の強さ、報酬内容などのゲームバランス、会話劇での表現方法の変更について提案を実施しています。また、作業の効率化や品質向上を目的とした業務改善もミッションの一つであり、常に運用方法をブラッシュアップしています。「ユーザーと運営」両者の目線を持つことを常に意識し、プロジェクトを通して「ワクワク」をユーザーに届けられる様、日々奮闘中です。

なぜアカツキに入社したのですか?

自身がもっと成長できる環境に身を置きたいと思ったのがきっかけでした。元々改善やモノづくりを通して、自身が作った・改修したものに対して感謝されることが自身の原動力になっていたので、エンジニアに絞って進む道を探している中、アカツキに出会いました。HPに掲載されていたメンバー紹介から興味を持ち、面接を通して、エンジニアだけでなく、様々な役割を担える可能性や、組織作りに携われる事を知り、仕事を通して「自身が成長できる」と確信した事が決め手となり、アカツキに入社しました。入社してからも、その期待とのギャップはなく、充実した日々を過ごしています。

開発現場はどんな風土、雰囲気ですか?

皆がフラットな関係で、お互いを信頼しているからこそ、問題があった時に意見を交わしながら、より良い方向に進める事ができているんだと思います。気づいたらあだ名ができていたり、休憩時間に一緒にゲームをやったりするほど皆仲が良く、そうしたカジュアルなコミュニケーションが、自然に助け合える関係づくりにも繋がっているんだと実感します。また、毎朝全員で行う「Good & New」というメンバーそれぞれが気づいた日々の良かったこと等を共有する場を通して、些細な事でも幸せを感じる事が多くなりました。誕生日のメンバーを皆で祝ったりするところからも温かさを感じますね。

一緒に働く方へのメッセージ

アカツキではやりたいことに挑戦できる環境が整っています。果たすべき義務を行う時間、やりたいことを行なっている時間、どちらも自分の成長に繋がる事が多いと思います。(そう捉えているメンバーが多い、とも言えるかと思います。)まだ歩み始めたばかりの福岡オフィスでは、これから乗り越えるべき壁もたくさんあるかと思いますが、そのような状況を前向きに捉え、挑戦していく。一人で背負うのではなく、みんなで助け合い、切磋琢磨しながら、一つの目標に向かって全力で取り組む。その結果掴み取った喜びを共に分ちあえるような方と一緒に歩んでいけたら良いなと思います。

将来の夢、またはアカツキで成し遂げたいことは何ですか?

子供の頃、親の目を盗んでまで夢中になってやっていたような、最高にワクワクするゲームを作ることです。その中でVRやARなど、新しい技術にチャレンジし、エンジニアとしても成長し続けていたいと思っています。そして通勤や家庭内などのふとした日常の中で、みんなが楽しそうに自分が作ったゲームをプレイしてくれている姿を見れたりしたら最高ですね!

Top